制汗スプレーを使用すると服の脇部分が黄色くなる

制汗スプレーは全身に使用することができるものですが、特に効果が高いのが脇への使用。この部分は汗の量が多く、また臭いが発生しやすい部位です。何故かと言うと、この部分にはふたつの汗腺があること、また常在菌が多く、通気性が低いために汗と常在菌が混ざりやすいと言うことが関係しています

 

しかし制汗スプレーを使用すれば、殺菌効果や汗そのものを抑える効果が得られるため、特に高い効果を実感できると言うわけです。

ただし気になるのが脇部分に制汗スプレーを使用すると、服のその部分が黄色くなると言う説です

真偽から言うと、これは本当のことです。ただし全くそうならない人もいますし、どの制汗スプレーで起こるかと言うことも特定はできません。

 

どうして黄色くなるのか?

気になるその理由ですが、これにも常在菌が関係しています。制汗スプレーの中には様々な成分が含まれていますが、そのほとんどは化学物質です。そしてその化学物質と、たくさんの種類、存在している常在菌が反応すると、細菌は分解され別の物質へと変換します

 

その物質と皮脂が混ざり合い、それが汗と共に服に付着してしまうと言うのが、黄ばみの原因です。常在菌が分解されてしまっているので、いつもの皮脂汚れよりもより細かい汚れとして黄ばみが発生して付着してしまうと言うわけ

 

常在菌の種類は人によって異なりますし、それがどの制汗スプレーにどのように反応するかと言うのも、未だ明らかにされていません。そのため人によってはこの現象が発生せず、また発生するスプレーを特定するのも難しい

 

防ぐためには、また黄ばみを落とすためにはどうすれば良いか

まず黄ばみを発生させないためには

 

制汗スプレーを別の種類に変えてみると言うのがひとつの方法です。ただし配合されている成分に大差はないため、それほど変わらないと言うことも考えられます。この場合は、化学成分が配合されていない、自然由来の成分のみが配合されたものを使用すると良いです。

 

スプレーを使用しつつ、脇汗パッドを使用

 

衣服に汗が付着するのを防ぐことも対策のひとつです

 

黄ばみができてしまった場合

 

皮脂汚れに強い台所用洗剤でもみ洗いをしてから洗濯機にかけると汚れ落ちが期待できます。それでも落ちていない場合は、酸素系漂白剤を染み込ませる、あるいはぬるま湯で薄めたその中に付けると言うのも効果的

 

 

 

>>加齢臭ケアにはボディーソープ&クリーム TOP