体臭でアンモニア臭がする場合の対処法

臭いが強い場合には、食生活や、またその他に貧血であったり、その他の原因により代謝機能の低下、ホルモンバランスの乱れ、更年期などさまざまなものが考えられます。アンモニア臭などがする場合もあり、腎臓や肝臓などの内臓器官の機能が低下した場合などが原因の一つとして考えられます。

 

アンモニア臭がする場合

アンモニア臭が体からする場合には、血行不良や肝臓や腸の機能の低下、腎臓などの機能の低下などが考えられます。代謝機能が衰えることにより、臭いがきつくなることもあります。またアンモニアの臭いが強い場合には、なんらかの内蔵機能が弱まっていることも考えられますので、医療機関で医師による診察を受けてみるのもいいでしょう

 

体調不良程度の場合には

 

疲労が回復し、規則正しい生活をしていればある程度、改善されることでしょう。しかし、病気やその他の原因で、体からアンモニア臭が発生していることも考えられますので、医師の診断を受け、なんらかの原因が判明したら治療を受けるようにするといいでしょう

 

臭いがきつい場合の対処法

生活習慣の見直し

体臭がきつい場合には、生活習慣の見直しと食生活を改善していきましょう。不規則な生活をしてホルモンバランスの乱れや、運動不足による血行不良や代謝機能が低下していることにより、体臭がきつくなってしまうこともあります

 

また食事で肉類を中心とした食生活をしていることでも、臭いが強くなる傾向があるといわれています。食事もできるだけ、栄養バランスの偏りをなくすことが大切です。生活習慣と食生活を改善し、健康的な生活習慣とバランスのよい食事をすることを心がけていきましょう

 

体臭のきつさをある程度カバーするために

 

外出時などは、代えの下着類を常備して、汗をかいたらこまめに汗をタオルで拭き取り、下着を着替えるのも対策になるでしょう

 

 

 

>>加齢臭ケアにはボディーソープ&クリーム TOP