香水で加齢臭対策をするには

加齢臭の臭いの原因は、ノネナールという物質で、毛穴の奥の皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで作られる物質です。男女ともにパルミトオレイン酸は、分泌されますが、男性の方が女性よりも皮脂の分泌が多いことからにおいやすいといえます。

 

またパルミトオレイン酸以外にも、においを加速させる大きな要因に、活性酸素があります。若いうちは、活発なホルモンの働きによって、活性酸素が抑えられていますが、加齢とともにホルモンの分泌が低下して活性酸素が活発になり、パルミトオレイン酸の酸化を促すため、加齢臭を増加させてしまいます。さらに汗腺機能の衰えによって、汗くささも加わり、独特のにおいを発生させます

 

体臭の原因となる生活習慣

男女ともにパルミトオレイン酸は分泌されていますが、女性の場合香水やデオドラント剤などを使用しているため、防臭を習慣化している人が多く、あまり体臭は気になりません。 ただ、自分のにおいはなかなか気づかない場合もあるので、女性だからといって油断は禁物

 

体の臭いを抑えるには、体の内と外の2つのアプローチが必要

 

不規則な生活習慣での偏った食事や、ストレスなどによってにおいの元になることがありますし、汗や皮脂に含まれる成分が、皮膚や衣類についた細菌で分解されることでも臭いが発生します

 

香水やコロンで加齢臭対策

加齢臭対策 香水

香水の良い香りがする男性は魅力的ですが、加齢臭の上からつけたのでは逆効果です。強い香りで体臭が抑えられると思っている人もいるかもしれませんが、これは大きな間違いです

 

よい香りにしたい場合には

 

首の後ろや脇など皮脂の分布が多い場所の汗をしっかりとふき取ってから、香水をつけることが大切

 

何となくよい香りがするという程度の香りになるよう、少量をウエストの横や背中につけると食事の席でもにおいが気にならず、ほのかによい香りがするのでおすすめです。

 

香水を選ぶ際には

 

テスターを使って、時間が経ったときにどのようなにおいになるのかもチェックしておくとよいでしょう。万人受けするにおいは軽くて清涼感のあるものを選ぶとよいでしょう。

 

 

 

>>加齢臭ケアにはボディーソープ&クリーム TOP