加齢臭に対応する洗濯方法

加齢臭は年齢によって発せられるようになる体臭のことで、一般的には年配の男性に関係があるイメージですが、男性だけでなく女性や比較的若い世代の男性においても個人差で発生することはご存知でしょうか

 

加齢臭 シャワー

加齢臭は特定の身体の部位から発せられますが、毎日入浴し丁寧に洗っていても防ぎきれない場合もあります。時間の経過とともににおいが強くなるため、夕方や夜など仕事を終えて帰宅する時間帯に加齢臭を感じるケースも多いようです

 

衣服についた臭いはできるだけ時間をおかずすぐに洗濯することでにおい残りを防ぐことができます

毎日洗濯をしない人にとっては手間に感じることもありますが、できるだけ早い時間に洗濯をすることが最も手軽な対策なのです

 

ついてしまった加齢臭を取り除くには

洗濯をしているのに衣服についた加齢臭が取りきれていないと感じるのは、実際ににおいの原因となる菌が繊維に残っているためです。

 

臭いに気が付いて洗濯したのに取りきれない場合は

 

お風呂のお湯程度のぬるま湯に漂白剤をとかし、洗濯物をつけ込むという洗濯方法がおすすめ

 

あまり長い間浸けておくと生地が傷んでしまう可能性があるため、1時間〜3時間程度にとどめておきましょう。浸け置いたあとはいつものように洗濯機を回して洗います。それでもまだにおいが気になるという場合は同じ洗濯方法を繰り返してみましょう。加齢臭はにおいが積み重なるように時間がたつほど残りやすくなりますので、できるだけ脱いだあとは時間をおかずに洗濯することが手間を省くことに繋がります。

 

臭いを防ぐ洗濯方法

加齢臭はついてしまってからの対策ではそれなりの手間や時間をかけて解消する必要が生じてしまいますので、できるだけ衣服ににおいが残るのを防ぐような方法をとることが最も効果的だといえます。

 

加齢臭対策 洗濯

毎日の洗濯では必要量の漂白剤を用いて洗濯機を回し、できるだけ風にあてて乾かすようにしましょう。また柔軟剤の使用は体臭を増長させてしまうケースもあります。衣服の繊維に柔軟剤の成分が残り、体臭の原因となるような場合は柔軟剤を無香料のものにかえたり、使用を中止することも対策のひとつです

 

雨などで部屋干しとなる場合は

 

アイロン

アイロンを用いることで菌の増殖を防ぐ効果が期待できますので、臭いが気になる部分にだけあてても良いでしょう。

 

 

>>加齢臭ケアにはボディーソープ&クリーム TOP